家庭教師のデスクスタイル

2012年10月18日

どうして塾が必要なのか

学校という学びの場がありながらどうして塾が必要なんでしょうか。

必要な知識は全て学校で学べるはずです。

事実塾に一度も通わずに東大に現役合格している人は大勢いるわけです。

「塾は必要ない」

これは学校の先生方の大多数が思っていることです。

学校でまじめに勉強していれば塾に通う必要はないというわけです。

その通りなんです。

教科書の内容を全て理解して全教科毎回満点近い点数を取れれば塾は必要ないんです。

これは当たり前のことですがこの当たり前のことを実現させることは大変困難です。

成績には必ず差が出てきます。

ついていける生徒とついていけない生徒は必ず出ます。

では全員が満点を取れるように授業スピードを遅らせたり内容を簡単にしたらどうでしょうか。

・・・

教科書の内容は終わらないでしょう。

また本来習熟度の高い生徒は物足りなくなってしまいますし可能性が縮小してしまいます。

さらに肝心なことは学習指導要領で学習内容はあらかじめ決められているからです。

いついつまでにこの学習単元を終えなければいけないということが決まっているのです。

なので先生方も決められた授業時間の中で生徒の理解度に合わせて授業を進めていくわけにはいかないのです。

そしてこの文部科学省が作成している学習指導要領は少なからず塾の隆盛に影響を与えてきました。

次回からは学習指導要領が及ぼした教育界への影響についてまとめていきたいと思います。

ラベル:学校
posted by ボス at 12:40| Comment(0) | 学校教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

ECCが大学受験英語専門塾を設立、12/18にオープン【RBB TODAY】

ECCは、大学受験英語専門塾「ECC英語館」を12月18日、兵庫県西宮市にオープンする。
大学がグローバル化を目指すに伴い変化している入試問題に対応した学習を行う。
同館では、10月より高1・2年生を対象とした大学別の入試分析ガイダンスを開催している。

国際社会のさまざまな分野で活躍し得るグローバル人材の育成を目指す各大学では、入試問題にも変化が生じている。
2012年6月の国家戦略会議においても、国際化に対応した人材育成を目的とした「学ぶ意欲や力を測る入試」への転換を提言され、大学入学後にそれぞれの学部・学科で扱うトピックが入試問題の英語長文に色濃く反映されるという傾向が、首都圏の難関大学を中心に強まってきているという。

ECC英語館では、受験業界では一般的に志望大学レベル別で展開される授業を、「大学で履修するトピック=受験英語」という観点でカリキュラムを作成し、高校生にとって馴染みの少ないテーマ(言語論、比較文化論、国際社会問題など)について通年で取り組む。

各テーマのキーとなる英単語は図式化して学習し、単語と背景知識を一度に理解させる、最新テーマを予測してピックアップし、根本理解により安定した得点力を養う、また、最先端レベルの電子黒板を使用し、1クラス16名の少人数定員とするなど、無駄をなくした効果的な学習を実現するという。

12月のオープンに先駆けて開催する大学別の入試分析ガイダンスは、同館にて無料で受講できる。
対象は現役高校1年生と2年生。

◆入試分析ガイダンス「ECC受験英語の秘密」
場所:ECC英語館(兵庫県西宮市甲風園1‐5‐12 宮井ビル4階)
日時:
10月13日(土)16:00〜17:30 神戸大学入試英語問題分析
10月20日(土)16:00〜17:30 同志社大学入試問題分析
11月3日(土)16:00〜17:30 早稲田・慶応入試英語問題分析
11月10日(土)16:00〜17:30 京都大学入試英語問題分析
11月17日(土)16:00〜17:30 大阪大学入試英語問題分析
11月24日(土)16:00〜17:30 関西学院大学入試英語問題分析
12月1日(土)16:00〜17:30 関関同立入試英語問題分析
定員:各回16名
対象:現役高校1年生・現役高校2年生
受講料:無料
申込方法:電話またはEメールにて
※受付時間 平日16:00〜22:00(休館日:水・日)

ラベル:ECC
posted by ボス at 11:47| Comment(0) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

リクルートHD オンライン予備校参入【産経Biz】

情報・人材事業大手のリクルートホールディングス(HD)は15日、オンライン予備校の事業に参入した。

グループ会社が運営している大学進学情報サイト「受験サプリ」のサービスの一環で、同日から予備校の講師経験者らによる講義の有料配信をスタート。
一部は無料で提供している。

英語と数学の講義で1回当たり60分、10講義で1セットとなり料金は5000円。
一橋大や大阪大、早大、慶大など有名大学別の対策講座をそろえた。
センター試験対策講座に限って当面、無料で提供する予定で、10月末からはスマートフォン版を開始する。来年4月からはサービスを拡大し、科目やコース、取り扱い大学を広げる予定。

リクルートHDの推計では、大学受験予備校の市場規模は約4000億円。
オンライン上での講義は、大手予備校やベンチャー企業などがすでに実施しているが、「経験豊富な講師による質の高い講義を、いつでもどこでも低料金で見られることで差別化したい」(担当者)という。
ラベル:リクルート
posted by ボス at 09:54| Comment(0) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。