家庭教師のデスクスタイル

2012年10月08日

教育者である前に企業人たれ

教育業界で働く人は生徒に教えることが好きな人が多いです。

勉強を教えて感謝されてお金をもらうわけですから、やりがいは非常にあります。

一方でお金を欲求する、つまり営業するのが苦手な人が多いのです。

これは教育業界のウィークポイントだと言えます。

しかし企業の目的は利潤追求です。

保護者や生徒を説得して入会させることに始まり、授業コマを一つでも多く取り夏季講習等の特別講習費を少しでも多く取る必要があるのです。

「教育者である前に企業人たれ」ということは大手ではよく言われることです。

お金を儲けることに後ろめたささえ感じる人もいますが、それは誤りです。

世の中に役立つことをしているから利益が得られるのだという認識を持つことがまずは大事です。





ラベル:利益
posted by ボス at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。