家庭教師のデスクスタイル

2012年11月08日

「褒めれば上達」科学が証明=教育、リハビリに応用も―生理研【時事通信】

人間は何かを学ぶ時、褒められた方がより記憶に定着し効果的に学習できることを、生理学研究所(愛知県岡崎市)の定藤規弘教授らの研究チームが科学的に証明した。

定藤教授は「教育やリハビリの現場でも、褒めることが効果的な習得につながるのではないか」と話している。

研究成果は7日付の米科学誌プロスワンに掲載された。

 研究チームは、右利きの成人男女計48人に、左手を使って決められた順序でパソコンのキーボードを打たせ、30秒間で早く正確に入力する練習を12回させた。

 続いて、練習結果の優劣に関係なく、(1)自分が褒められる映像を見る(2)他の人が褒められる映像を見る(3)自分の成績をグラフで見るだけ―の3グループに分類。翌日に再びテストし、各グループで入力がどれだけ向上したかを調べた。

 その結果、自分が褒められたグループは練習より約20%多く打てたのに対し、他の2グループは約14%の向上にとどまった。 

ラベル:学力向上
posted by ボス at 13:21| Comment(0) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

学校教育の問題点(続き)

前回の続きです。

最後に出した問題はわかったでしょうか。

これですね。

bunsuu.jpg

答えは

・・・

こうです。

bunnsuukai.jpg

どうでしょうか。

解けた人は少なかったのではないでしょうか。

でも安心してください。

現役の大学生でも解けない人は多いです。

なぜ解けないか。

それはこの問題に初めて出会ったからです。

もし直近でこれと似たような問題があって解き方を学んでいたとしたら解けたでしょう。

受験でこの問題が出て見た瞬間に解ける生徒というのは必ず過去に同じような問題演習をこなしています。

この、「同じような問題を解いてきたかそうでないか」が合格不合格の分かれ目になるのです。

つまりライバルに勝つためには多くの演習問題を少しでも多くこなしていく必要があります。

今の学校教育の現状では演習時間があまりに少ないため「わかる」ことはできても「できる」ようにはならないわけですね。

次回は学校の先生の現状についてまとめます。


posted by ボス at 14:35| Comment(0) | 学校教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

若者の3年以内離職、塾や飲食業で半数 医療も4割に【朝日新聞】

厚生労働省は31日、若者が入社してから3年以内に辞める離職率を、業種別や規模別に初めて公表した。

2009年3月に大学を卒業して就職した43万人のうち、28.8%にあたる12万人が3年以内に辞めていた。

業種別では、学習塾など教育・学習支援や宿泊・飲食サービスで、半数近くが辞めていた。

政府が雇用の受け皿として力を入れている医療・福祉も離職率が4割に迫った。

いずれも、長時間労働や賃金が低いといった理由があるとみられる。

一方、電気・ガス・水道や製造では離職率が平均を大きく下回った。

ラベル: 営業 就職
posted by ボス at 10:06| Comment(0) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。