家庭教師のデスクスタイル

2012年09月29日

挨拶

前回塾経営をうまくさせるためのものとして挨拶笑顔掃除の3点を紹介しました。

今日は挨拶について説明します。
挨拶はコミュニケーションを取る上でとても大事なものです。
これがしっかりできるかどうかでその人の印象は大きく変わります。
何気なくみんなしているように見えても実際は全く気持ちの入っていない挨拶がとても多いです。
誰に対して言っているのかわからないような挨拶もよく見かけます。
特に塾の責任者や講師が挨拶をしっかりできなければ教師の秩序を維持できなくなり、自然と生徒からの信頼も薄れていきます。
挨拶のポイントは大きな声で元気よくです。
まずは事務室や教室に入ったらそこにいる人全員に向かって聞こえるように大きくな声で元気よく挨拶します。
仮にそれに対しての反応が薄くても毎日続けていくことです。
そうすれば自然と周りも明るくなり活気づいた教室に変わっていくのです。

また、挨拶をすることで仕事モードに切り替えることもできます。
大きな声で明るく挨拶をすると「よし、やるぞ」と自然に気合が入ってくるのです。

最後に、挨拶は人の目を見て行います。
そうすることで挨拶をかけられた人は自分が気にかけてもらっていると思い元気が出てきます。
これは本人のやる気にもつながってくるので結果的に教室の成長につながるのです。

気持ちのいい挨拶は自分自身と周囲の人間を明るく活気づけるものなのです。
これがしっかりできるようになれば教室の成長は間違いないでしょう。




ラベル:挨拶
posted by ボス at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。