家庭教師のデスクスタイル

2012年10月22日

ゆとり教育の開始

前回非行と校内暴力の増加によって学習指導要領の見直しがされた話をしました。

今回はどう見直されたかをまとめます。

見直された指導要領が施行されたのは昭和56年でした。

小学校の指導要領がこの年に施行され中学校が昭和59年に続きました。

内容はというと学習項目数を維持したまま、年間学習時間を減らしたのです。

例えば小学校6年生の学習項目は20項目あり、それを年間210時間で全て終えるカリキュラムでした。

それを項目数は20項目のまま年間授業時間を175時間に減少させたのです。

中学校でも同じで、例えば中1の数学は60項目を年145時間で終えていたものを105時間に短縮させたのです。

ゆとり教育の始まりです。

目的は生徒が勉強漬けの日々から少し開放され落ち着きを取り戻させるというところにありました。

しかし、これによって新しい問題が出てきます。

学力差の拡大です。

学習内容はそのままなのに勉強時間だけが減ったわけです。

減った勉強時間は家庭で自習をして補うという方針にしました。

しかし家庭で自主的に勉強する生徒はそう多くはいません。

結果的にこれまで以上に授業は難しくなり、
できる生徒とできない生徒の学力差は更に広まったのです。

またしても文部科学省は頭を悩ませることになります。

結局、学習指導要領は再度改訂されることになったのです。

次回はこの3回目の学習指導要領の内容をまとめていきます。




家庭教師のノーバス


posted by ボス at 18:03| Comment(0) | 学校教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。