家庭教師のデスクスタイル

2012年10月26日

別の塾生徒にもわいせつの疑い=元小学校長を再逮捕―警視庁【時事通信社】

東京都昭島市の学習塾講師だった元小学校校長が生徒にキスをするなどして逮捕された事件で、

警視庁昭島署は24日、別の女子中学生にも胸を触るなどしたとして、

強制わいせつ容疑で元校長石田稔容疑者(75)=同罪で起訴、あきる野市上代継=を再逮捕した。

同署によると、容疑を認めているという。 

ラベル:講師 わいせつ
posted by ボス at 10:52| Comment(0) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

塾の公立校への支援、首都圏で続々と拡大中【私塾界】

東京の公立学校に続々と学習塾が参入していることを、10月16日付の日本経済新聞が夕刊1面で伝えている。

それによると、栄光ホールディングス(HD)は、東京都葛飾区から中学校の授業改善に関するプロジェクトを受託し、公立学校の教育水準や進学実績に対する地域住民の関心の高まりと自治体の教育改革の動きに対応しながら、事業拡大をめざしている。

栄光HDは、生徒がより授業に集中できるように改善するため、葛飾区の教員10名に対して、専門のコンサルタントが分析するプロジェクトを、約350万円で受託している。生徒にアンケートを実施し、教員に自己評価との違いを認識させる。2012年2月までに同社グループの日本教育大学院大学(東京都千代田区)が教員にノウハウを提供し、教科指導のレベル向上をめざす。

同社はこれまでも、複数の私立学校で、このようなコンサルティング業務をした実績はあるが、今回のように公立学校に対して行ったのは、葛飾区が初めて。「教壇から生徒としっかり視線を合わせたり、適切なタイミングで指示を出したりすることで、生徒の集中力や理解度が高まる」(同社)とコメントしており、今後も首都圏以外の公立学校からの受注を増やしていきたいとしている。

早稲田アカデミーは、東京都足立区の中学の成績上位層が対象の課外教室に現役講師の派遣を始めている。派遣先は成績上位でも、経済的理由で塾に通えない中学3年生を対象に、足立区が4月に開講した無料の課外教室「足立はばたき塾」。初年度の受託金額は約2,400万円と記事は伝えている。

学力別クラス編成の生徒100人に、英語と数学を毎週土曜日90分ずつ教え、有力大学への進学実績がある都立高校に合格できる学力を身につけさせる。

個別指導塾「TOMAS」を展開するリソー教育は、私立学校で放課後や週末に開講している「スクールトーマス」を、首都圏の公立中高一貫校1校から受託した。生徒の自習スペースの運営を任されており、公立学校との契約は今回が初となる。生徒一人あたり月謝1万2千円をリソー教育に支払い、現在は生徒30人の定期テストの成績などをもとに、学習アドバイスをしている。

こういった公立校に限らず塾が学校を支援するという関係が、今後全国各地で広がっていくことを期待している。




家庭教師のデスクスタイル


posted by ボス at 10:31| Comment(0) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

ECCが大学受験英語専門塾を設立、12/18にオープン【RBB TODAY】

ECCは、大学受験英語専門塾「ECC英語館」を12月18日、兵庫県西宮市にオープンする。
大学がグローバル化を目指すに伴い変化している入試問題に対応した学習を行う。
同館では、10月より高1・2年生を対象とした大学別の入試分析ガイダンスを開催している。

国際社会のさまざまな分野で活躍し得るグローバル人材の育成を目指す各大学では、入試問題にも変化が生じている。
2012年6月の国家戦略会議においても、国際化に対応した人材育成を目的とした「学ぶ意欲や力を測る入試」への転換を提言され、大学入学後にそれぞれの学部・学科で扱うトピックが入試問題の英語長文に色濃く反映されるという傾向が、首都圏の難関大学を中心に強まってきているという。

ECC英語館では、受験業界では一般的に志望大学レベル別で展開される授業を、「大学で履修するトピック=受験英語」という観点でカリキュラムを作成し、高校生にとって馴染みの少ないテーマ(言語論、比較文化論、国際社会問題など)について通年で取り組む。

各テーマのキーとなる英単語は図式化して学習し、単語と背景知識を一度に理解させる、最新テーマを予測してピックアップし、根本理解により安定した得点力を養う、また、最先端レベルの電子黒板を使用し、1クラス16名の少人数定員とするなど、無駄をなくした効果的な学習を実現するという。

12月のオープンに先駆けて開催する大学別の入試分析ガイダンスは、同館にて無料で受講できる。
対象は現役高校1年生と2年生。

◆入試分析ガイダンス「ECC受験英語の秘密」
場所:ECC英語館(兵庫県西宮市甲風園1‐5‐12 宮井ビル4階)
日時:
10月13日(土)16:00〜17:30 神戸大学入試英語問題分析
10月20日(土)16:00〜17:30 同志社大学入試問題分析
11月3日(土)16:00〜17:30 早稲田・慶応入試英語問題分析
11月10日(土)16:00〜17:30 京都大学入試英語問題分析
11月17日(土)16:00〜17:30 大阪大学入試英語問題分析
11月24日(土)16:00〜17:30 関西学院大学入試英語問題分析
12月1日(土)16:00〜17:30 関関同立入試英語問題分析
定員:各回16名
対象:現役高校1年生・現役高校2年生
受講料:無料
申込方法:電話またはEメールにて
※受付時間 平日16:00〜22:00(休館日:水・日)

ラベル:ECC
posted by ボス at 11:47| Comment(0) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。